RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
味処 太郎源
6/8に歴史の勉強会の人にお誕生祝いをしてもらった(今更)行ってきたのは博多駅前にある太郎源。
誕生会なのになぜか自分で予約した。まぁいい。
ここは魚類がとっても美味しいとのこと。期待大。
予約して行ったので、我々の席に既に鎮座している小鉢。
初めて行くお店で何を頼んだらいいのかわからなかったので、おまかせコース4000円。
普段のメニューには無いオススメもあるらしいので「お魚で何か作って」なんて言うと良いらしい。まあ、言ってないけど。
まず出てきたのは刺身。これこれ、期待してるのはこれですよ。
アジ、鯛、佐賀牛のあぶり、くじら、太刀魚のあぶり、タコ。
佐賀牛のうまさが異常。
なんでも刺身っつーか片面だけ炙ってあるんだけど、こういう食べ方できるのは特上品なんだとか(同席していた佐賀人談)
いや魚もうまかった。
イカにウニ、わさびをちょっとのせて巻いて食うのがいいですよ。
太刀魚のあぶりは、もみじおろしとポン酢で。
くじらって嫌いなんだけど、ここのは食べれたなあ。アレなんて言うんだったかな。くじらの半生ジャーキーみたいな感じのやつ。まあいいや。
次に出てきたのは甘鯛。この日出てきた料理の中でも見た目が秀逸。ソソる。
ちょっと見てくださいよ、この身のほろほろ具合。
甘鯛特有のいい香りが鼻をくすぐる。
皮のパリパリ具合と絶妙な塩加減も甘鯛の美味しさを引き立てる重要な役割なわけです。
左の写真は生絞りマンゴージュース。
和食だってのにマンゴー(加工品に限る)大好きな私は迷わずこれをチョイスしてしまいました。文句なしにうまいよ。
ここの店は料理を出すタイミングが今まで行った店の中でもかなりの高ランクじゃないだろうか。小さいお店ながら、お客さんは割と多いのに気配りが行き届いている。
食べていて、ものすごく気持ちが良い。
写真は太刀魚の煮付けと、これまた甘鯛(多分カマの部分)とハマグリの澄まし汁。
太刀魚の煮付けは、ごぼうを食べると上に乗っていた木の芽の香りがふっと鼻を通る。
この日お酒を飲まなかったので少し味が濃かったけど、白身の魚の中でもすごく淡白な太刀魚と甘辛いしょうゆの味がもうホントご飯くれ!
甘鯛はさっと炙ってあって、ハマグリの大きさはアサリよりも少し大きいくらい。
ハマグリでかくて大味ですごく嫌いなんだが、もうホント、食べ時が今しかないってくらいのサイズでとっても美味しい。
濃い味の煮付けの後にさっぱりとした味が舌に優しい。
次にキスのてんぷら。
汁物が出てきた後にパンチの効いた天ぷら・・・
これは・・・と思ったけど、あっさり\(^o^)/食ったよ!
しかしこのキスでかい。
もうアウアウ!って思ってたら、最後のじゃこのご飯とお味噌汁は帰る間際に出てきた。
天ぷら食べて店に1時間はいたと思う。
ちなみにじゃこごはんは紫蘇が入っていてさわやかな香りがとっても美味しかった。
お味噌汁は塗りの器が小さくて可愛かった。味はやや薄味。
閉店間際でアルバイトの子たちも帰っていたようだけど、さっさと料理を出して片付けてしまおうなんて気が一切しなかった。
久しぶりに最高の食事した気がする。大満足でした。

初めての客だとわかったみたいで、刺身が出たあとに店長が出てきて「撮影は順調ですか?」ってニコニコしながら来て「お味はいかがですか?」って聞かれたけどまだ誰も食ってねー!ってハプニングがあったけど(゚ε゚)キニシナイ!
「写真撮り終わるまで食べさせてもらえないんです」って嘆いていた二人が居た気がする。
つか、今気づいたけど佐賀牛以外魚しか食ってねえ!
気が付かなかったぜ・・・・。

福岡では割と値段は高め。
つくりはホントに昔ながらの飲み屋さんな感じ。おしゃれでもなんでもないしお座敷とカウンターしかないよ。

雑誌やTVには一切出ないそうで。
でもお客さん多いから予約は必須みたい。


何はともあれごちそうさまでした時々ウインクペコちゃん
■味処 太郎源
福岡市博多区博多駅前3丁目27−24 博多タナカビル
TEL 092-481-8522
author:とんちゃん, category:食事, 21:55
comments(0), trackbacks(0)
飲んだくれ
昨日は歴史の勉強会でお世話していr....じゃなかったお世話になってる
おっさn...じゃなくてお兄さん方にごちそう(自分から誘っといて)してもらって飲んだくれた。
とりあえず連絡した人のお店一番どりに集合してちょこっと食べて飲んで、皇居奉仕で天皇皇后両陛下にお会いした話を聞いて、メチャクチャうらやましかった。
遅れて来た人が合流して次に。

いつもの海物。
丸腸ごぼう焼きがマズい、って言ったら「今日は違うとこから仕入れた」って言ってた。
テラ残念。
3人で飲んだんだが、どっちも結婚して子供もいる良いおっs..お父さん。
一人は酔っぱらうとすげえうざい。あ、間違えた、酔っぱらわなくてもうざい。けどアツい(無駄に)
もう一人はすごく物腰の柔らかい人。物事の捉え方とか感性がとても好き。人のこと観察しすぎですよ、あなた。照れくさいっつの。
でも飲むと素面みたいな顔して記憶ブッ飛んどる。いつか死ぬと思う。
この二人が何故仲が良いのかわからん。


次行ったのが中洲のやまぢ。
店の雰囲気は合格だと思うが、立地条件のせいか雰囲気に似合わない客が多すぎる点はマイナス。
うまかったんだけど、もうなんか酔っぱらってよくわからず。
食事は素面に限る。
焼酎飲まされたけど、嫌いな私にとっては1杯500円だろうが1500円だろうが同じ。
他に比べれば飲みやすかったけど1500円だろうがまずいもんはまずい。
ていうか焼酎ブーム早く去ればいいのにね。
1杯1500円とか蔵元は全部普通の値段で売ってるはずだが。
硫黄島の話。
飲んだ人のひとりが何年か前に硫黄島の遺骨収集に参加したんだが、本当にうらやましく思う。私も行きたい。
靖国神社の鳥居のところには、一礼して神社に入る人ひとりひとりに対して敬礼している幽霊がいるらしい。
見たい。
酔っぱらいの話うざい。

次は同じく中洲、旭軒。何度か行ったことあるがいつもあまり味を覚えていない。
ちっこい餃子。鉄鍋じゃないよ。
うまかったけど腹いっぱいすぎた。
ふと思いつきで行ったからカメラ持って行ってないので写真は無い。

久しぶりにお酒飲んだけど楽しかったなー。
眠かったけど。

あと酔っぱらうと思ってる事全部クチに出してしまう人ってどうなんだろう。
とりあえずウザかったからぶん殴っといた。

帰り際から体が痛い。
起きてからもまだ痛い。

博多一番どり居食屋あらい
海物
やまぢ
旭軒

■メモ
セント・オブ・ウーマン 夢の香り
セント・オブ・ウーマン 夢の香り
アル・パチーノ
author:とんちゃん, category:食事, 11:03
comments(2), trackbacks(0)
誕生日
今日は誕生日でした。
26歳。
持ち帰りじゃなくてケーキ食べるとこないかって考えたけど、めんどくて16区行くかってなって言って、行ったら月曜定休日だった。
ワスレテタ。
なのでケーキは諦め、海物でたくさん食べまんた。

あと、某「纏劼陵Э諭廚ら

「とんこ2ちゃんでたたかれてる!お誕生日おめでたー(´∀`)」(原文のまま)

と、メールがきた。
おめでたいのかおめでたくないのか定かではないけれども、ワタクシの友人数人は大喜びで、水を得た魚。
いつになく生き生きとしています。
2chの人たちよりも友達の方が酷いってどういうことでしょうか、シクシク。

メールがきた時は出かけていたのでさっきスレを見たら(というか誰か携帯にURL送ってくれたらいいのに誰も教えてくれなくて、皆で本人をよそに盛り上がってるし。)主に「下品」「25に見えない」「中国人顔」「春雨うまいよね」で盛り上がってます。
下品はともかく、もう言われ尽くされていることなのでアレですけど、どっちかって言うと中国人よりインド人とかフィリピン人って言われます。

それから、一度鎮火していた火を再燃させているのは私の友人たちです。
本当に酷いです。



ちなみに再確認しますけど、今日は誕生日です。
誰か優しくする気とかないですか。
author:とんちゃん, category:食事, 23:49
comments(15), trackbacks(0)
上司の誕生日
この日は(頭いわしてる方の)上司の誕生日だったので、出張前の食事の時にデザートを。

サプライズのデザートで、ハニカミ上司。


キモいよ。


『アルレッキーノ』はお気に入りのランチ場。
土曜は外食のランチをするので、たまに来る。


ランチはパスタ・グラタン・ピザの3種類。
それぞれ日替わりで味わえる。
前菜などもついていて、980円と味の割にお手ごろな値段だと思う。
神経質そうなメガネスーツのボーイがとても良いサービスをする。
全国チェーンらしいけど、店によって味が違うみたいだ。

■アルレッキーノ
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1-4060 博多デイトスB1
電話:092-441-4153
FAX :092-441-4153
時間:11:00〜22:00(L.O.21:00)
P :無し
author:とんちゃん, category:食事, 01:29
comments(0), trackbacks(0)
ラーメン
父と母と、父がお勧めのラーメソ屋鳳凰へ。

味は「あっさり・こってり・濃い・薄い」から選べるのですがこってりが好きな私はこってり硬麺で。

スープは意外とあっさりで、こってりを頼んだにも関わらず超あっさり。
うーん物足りないかな、と思ったのですけど味はしっかりしていて美味しかったです。

麺は自家製ということで少し太め。
もう少し細い方が好きだけど、満足な味でした。



■鳳凰
住所:福岡県小郡市大板井餅田1449−3
電話:0942-72-8010
時間:11:30〜23:00(日祝〜21:00)
休店:不定期
P :あり
author:とんちゃん, category:食事, 19:30
comments(0), trackbacks(0)
ケーキ11個
猫と甘いものに目が無いことで有名な私(ワタクシ)ですが、ケーキを11個です。
しかも16区

だって好きなだけ買って良いってお許しがでたんですもの!

出たんですもの・・・・・!

そんな言い訳はさておき

11個で4000円強。

アホか!

という声が聞こえてきそうです。
だって1個約400円ですものね・・・ウフフ。

これはモンブランのムース。
上に乗っかってる栗の形をしたチョコレート、なんと栗ペーストにチョコレートでコーティングしたやつでした!
なんて手が込んでいるのかしら・・・!!!
飾りまで美味しく食べられるって素敵!


お次はラズベリーの乗っかった、生クリームとスポンジのケーキ。
16区はスポンジが最高にウマイ。
生クリーム大好きなワタクシと致しましては大変にポイントの高いお菓子でしたの!
外はパイの入れ物。縁取りに砂糖のやつ。

こちらはチョコレートのムース、生クリームでコーティング。

上には生チョコが・・・!

ムース大好き!
チョコレート大好き!
下は少しやわらかいクッキーです。
生クリームが甘くなくて美味しい。

そしてクリームチーズプリン。
なめらか〜い。
あたたか〜い。

暖かくは無い。

何ていったって、下にカラメルが入ってないのが得点が高い。(チーズだからか?)
カラメルは嫌い。
せっかく甘くてやわらかくてなめらかでおいしいものにわざわざあんな苦いものを・・・!
クリスマス前ということでスノーマンのカップ入りでした。


どれもこれも最強でした。
author:とんちゃん, category:食事, 16:46
comments(2), trackbacks(0)
福林楼
先日行ったお店。
百年橋通りから少し裏通りに入った所に福林楼というお店が、最近オープンした。
「小粋」という居酒屋があった場所で、人通りははっきり言って少ない。
「小粋」が本当に粋であったかどうかは、行ったことが無いので定かではない。
ちょっと寄ってみようかな・・・という場所ではないのかもしれない。
だって小粋には寄る気にならなかったから。(だから潰れたのか)

そして夜のお客さんも少ない。

というか、皆無・・・・。


この辺はお客さんがお店に付くまでにもの凄く時間がかかるので客が少ないのも今は仕方ないけれども・・・・。

ランチに行ってとてもウマーだったので今度は夜に。


ザーサイつきだしで来たのがザーサイ。
ザーサイって本当に嫌いなんだけど(あのごま油臭が)ここのザーサイめちゃくちゃうまい。
ご飯に合う。
んー・・・高菜の油炒めみたいな味。


新鮮にんにくの芽と肉の炒め物あんまりお腹が空いてなかったので(その割にはよく食いすぎ)沢山は頼まなかったけど、ここはマジで炒飯がうますぎるので炒飯に合いそうなものをチョイスした。
新鮮にんにくの芽と肉の炒め物 680円。

うますぎる。

この、ごってり油も難なく食べられるよこれ!


炒飯次にやってきたのが炒飯。
炒飯最高!
なんでこんなにウマいんすかね、炒飯。
これにスープと1品とザーサイ付きでランチもある。



エビが3匹。プリプリ。
でもこの炒飯はエビよか細切れで入ってるチャーシューがうまい。

どうでもいいけど、ここは日本人が営むお店ではないので、何かメニューが変。
「マーポートーフ」
「マーポーナス」

マーポー・・・・。




肉まんご飯には全く合わないし単品で食べた方がいいのはわかってる。
うん、わかってるよ。
でも食べたかったどうしても。

肉まん。

期待する私。

食べられるのを待つ肉まん。


肉まん肉まんイマイチ。
外側が鬼カタイ。

マジ、ハンパなく硬いよ。
これこういう料理?
カタイの?

でも中の肉は本当にウマイ!
ナイス!肉!
外側のガッカリさも肉でフォローできるほど肉うまい。
肉ありがとう。

外周は残した。


福林楼地図何でお客さんいないのかなーってくらいうまい店なので近くの人は是非行ってみてください。
ランチ時は結構なお客さんの数で、ランチの時間帯遅くまでお客さんが沢山いる。

でも夜はいない。

私が行った日は、暇を持て余しすぎて客席の蛍光灯取り替えてた。
店のご主人自ら。

電気が所々切れていて(特に奥)薄暗い・・・。

もう店閉めるのかと思って焦りました。
マジ、一人もいねえの客。

入った瞬間閉まるのかと思って「あっ・・」って言ったら
向こうも「あっ・・・」って言ってた。
来客、想定外。

諦めるな!



あと帰る時に女性の店員(奥さんかな・・・)の計算も危うい・・・・。
見ていてハラハラする。
でも計算できなくて、お釣くれる時に「えへへ」って照れ笑いが可愛い。
目上の人に可愛いって言うのもなんだけど可愛い。


色んな意味で、おいしいお店だと思うので、マジで行ってみてください。
潰れると困る。

いや、なんか、潰れると困る割には紹介の内容が微妙になったかもしれない・・・・。

ホント ウマインスヨ。マジデ。
author:とんちゃん, category:食事, 14:09
comments(9), trackbacks(0)