RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Y染色体
皇室典範に関する有識者会議

皇室典範に関する有識者会議(第14回)議事要旨

1 日 時: 平成17年10月25日(火)15:00〜17:20
 
2 場 所: 於;総理大臣官邸 小ホール
 
3 出席者:
・ 皇室典範に関する有識者会議メンバー
◎ 吉川 弘之 産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長
岩男 壽美子 武蔵工業大学教授、慶應義塾大学名誉教授
奥田 碩 日本経済団体連合会会長
久保 正彰 東京大学名誉教授
佐々木 毅 前東京大学総長
佐藤 幸治 近畿大学法科大学院長、京都大学名誉教授
園部 逸夫 元最高裁判所判事
古川 貞二郎 前内閣官房副長官
◎=座長
・ 政府側
二橋 正弘 内閣官房副長官
伏屋 和彦 内閣官房副長官補
風岡 典之 宮内庁次長
柴田 雅人 内閣総務官
千代 幹也 内閣審議官
角田 素文 内閣審議官
鈴木 武 内閣審議官

4 議事概要
(1) 意見の集約のための意見交換
○ 憲法は象徴制と世襲制しか規定していない。「世襲だから当然に男系男子」との議論は、理論的には難しい。現実に125代男系で継承されてきたという事実はあるが、今回、こういう事態に立ち至って、憲法の角度から改めて考えてみると、国民が世襲制の天皇についてどう考えるかというと、男系に固執するよりも、親から子へと、直系で受け継がれることではないか。
○ 天皇は、憲法では、国家・国民統合の象徴と定められているが、象徴に性別はないと考えるのが健全なのではないか。
○ 皇族女子や女系皇族に皇位継承資格を拡大した場合、例えば、我が国で続いている旧習や伝承、また、日本の伝統的な家族の在り方は家父長制と考えて自らの家庭を維持しているような人々に、影響を与えるのかどうか。この点は、国民の支持という点とどのような関係があるのか。公的な決断が個人に何らかの影響を与えるとしても、決して強制的なものであってはならない。
○ 私的な世界では、いろいろな考え方や家族の在り方があるのは当然。しかし、この有識者会議は、あくまで公的な制度である皇位継承制度について検討しているもの。
○ いろいろな思想や確信を持った国民があり、中には、女性や女系に皇位継承資格を拡大することに違和感を持つ方もおられるだろう。しかし、現行の憲法制定時に、象徴と世襲に絞ったことは大きな歴史の変化で、それはそれで国民は受け入れている。憲法との関係では、皇室典範に男系男子と規定する必要はなかったが、それまでの伝統に配慮して男系男子としたもの。それが、今は維持できなくなっているので、憲法に戻って考えるもの。
○ これまでの会議においては、委員それぞれが自分の意見を積極的に述べるというよりも、識者ヒアリングなどもしながらいろいろな論点を整理し、中間整理を公表するなど、一歩一歩進めてきた。国民の一部に非常に強い反対意見の方がおられるが、このような我々の会議の進め方を含め、大方の国民の理解は得られるのではないか。
○ 女系の皇族に皇位継承資格を拡大した場合には、女系天皇の正統性に疑問が生じるとの議論をする方があるが、世襲で皇位が継承され、国民の積極的な支持が得られる限り、正統性に疑義が生じる余地はない。
○ 今後、現行典範を改めずに男系男子で行けるのか、という点から考えると、複数配偶制の否定や少子化の状況の中で、確率的には男系男子の数は極めて少なくなることが、これまでの議論の中で明らかになった。仮に旧皇族が復帰したとしても、こういう状況では極めて不安定なものになる。また、皇籍復帰して皇位を継承することは、これまでの歴史の中で極めて異例であり、国民の理解も得られないと考えざるを得ない。
○ この会議に臨むに当たり、世論調査で何割だからどう、という発想をとるべきでないという考え方を一貫して持ってきた。他方、象徴天皇の制度は、国民の一般的な共感と支持がなければ存続できないわけであり、それを無視したようなことはできないことも厳然たる事実。その中で、現状がどうなのか、このままだと憲法の象徴天皇制度がどうなるのか、ということを考え、この会議として筋を通した結論を出すことで国民にも理解をいただけるようにするということではないか。
○ 新しい皇室の姿は、皇室御自身の御努力と良識ある国民のバックアップがなければ成立しえず、それこそが今一番望まれているものなのではないか。
○ この有識者会議での結論に対する国民の支持は、手続的には、国会で議論していただくことであるが、有識者会議としても、国民の支持が最大限得られるよう、考えられる範囲で努力し、その結論が国民の意識と乖離しないことを意識して、議論を進めてきた。今後報告書を作成するに当たっては、多くの国民に受け入れてもらえるよう、表現なども含め、いろいろな点において工夫する必要がある。
○ この問題は、早期に結論を得ることが必要であるということも国民の方々に理解していただきたい。
(2) これまでの議論を踏まえ、皇位継承資格を皇族女子や女系の皇族に拡大する方向を基本に報告書の取りまとめに向けた作業を進めることで、意見の一致を見た。
 また、皇位継承順位については長子優先か兄弟姉妹間男子優先かという点に関しては、今後報告書について議論を行う中で意見の集約を行うこととなった。
 さらに、皇族の範囲(永世皇族制か、世数限定制か)に関しても同様に、報告書について議論を行う中で意見の集約を行うこととなった。
(3) 今後は、11月7日(月)に開催し、次回は、報告書(案)の議論をしつつ、皇位継承順位及び皇族の範囲について意見の集約を行うこととなった。

小泉さんの私的機関であるという「皇室典範に関する有識者会議」だそうですが、私的機関なのに勝手に決めてしまうらしいですよ。
一切、他の意見は取り入れる姿勢はないとのこと。
どうなのそれ。



これに選ばれたメンバーは大して皇室に対する知識もないらしいというじゃないですか。
「天皇が女性(正確に言うと女系)でもいいんじゃないの?」的なノリで会議を執り行っているらしい。

女性天皇と女系天皇っていうのは根本的に違うのです。
そのお話はまた詳しく今度。

皇統断絶問題TBセンターから引用させてもらうとメンバーの概要がよくわかる。
皇室典範に関する有識者会議メンバーの素性。
有識者会議のメンバーは、皇室を潰したいと願うサヨク組織?

・緒方貞子
「人権擁護法案」を熱心に推進、国連人権委員会日本政府代表として
人権擁護法案を日本に持ち込んだ張本人。
町村外相が分担金削減を申し入れた問題に対して中国やロシアを代弁。

・岩男壽美子(武蔵工業大学教授)
男女共同参画運動に関わっていた人間。ジェンダーフリー論者。

・奥田碩(日本経済団体連合会会長、トヨタ会長)
靖国問題その他で常に中国の意向に添った発言をすることで有名

・笹山晴生(東京大学名誉教授)
建国記念日に反対を唱えている日本歴史学協会に所属。
超左翼の歴史家。

・古川貞二郎(前内閣官房副長官)
副官房長時代、北朝鮮との裏交渉段階で安倍晋三官房副長官(当時)を
蚊帳の外に置くことに荷担。

・園部逸夫(元最高裁判所判事)
強烈な政教分離の主張者(玉串判決に関わる)伝統否定容認論者
(皇室に関わる会議の参加資格がもっとも無いと思われる人物)

・吉川弘之(産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長)
皇室無視発言「どうってことない」



補足すると、最後のどうってことないって言ったのは、皇族から出た「女系天皇は歴史的に見ても辞めたほうがいいと思う。」という意見に対して。

お前は何様か。


■参考
国際派日本人養成講座
国際派日本人養成講座 万世一系のY染色体〜「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ
皇室典範に関する有識者会議報告書 拙速批判は無視 10カ月で結論、人選も疑問(産経新聞/後日リンク切れの可能性有り)
皇統断絶問題TBセンター


2005/11/15に書いてたんだけど途中で放置しっぱなしで未公開にしてた。
author:とんちゃん, category:会社, 11:23
comments(10), trackbacks(2)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:23
-, -
Comment
笹山先生は、日本史の世界で知らない人はいない学者です。何十年も皇室御用達の家庭教師をしている方で、昭和天皇から美智子皇后、皇太子夫妻にいたるまで、教えてきた人です。松村派の政治家・故・笹山茂太郎(農林省事務次官→かつての自民党から大臣一歩手前までのぼりつめた人。数少ない気骨ある政治家として知られています)の長兄です。兄弟に元衆議院議員・笹山登生がいます(自民党→民主党→無所属)。笹山先生ご自身は学者の中の学者というか、若い頃から歴史学の世界に没頭されていた方ですから、政治的な偏りはなく、あくまでも中立な立場から有識者委員会に参加なさっていると思います。

それにしても、このような経歴を調べもせずに極左だとかいう「ガセネタ」を流す愚かな人がいたとして、それを簡単に真に受けて恥ずかしげもなくネット上に流す人達の顔がみたい。極右サンということでしょうかね。
霧, 2006/02/21 10:50 PM
>簡単に真に受けて恥ずかしげもなくネット上に流す人達の顔がみたい。

顔はプロフィールに出していますよ!
是非!穴が!あくほど!見てください!

私のブログ読者には、こういった記事をみている人がいないので自分のメモ程度に出していたものに、このコメントを含め、リンクや検索があって意外な反響に驚いています。
言い訳をさせてもらうと(前記も言い訳ですけど)この記事を上げたとき、丁度忙しくて適当にまとめて上げていた記事なので、きちんと(意外な反響を見て)書き直さなきゃいけないなーと思っていました。

ネットって、個人運営のものが多いので間違っているところも沢山ありますよね。
そういうことをきちんと選別し、発信できたらいいなと思います。
もっともっと、勉強しないといけないな、と、毎回痛感します(勉強しているときも含め)。
不足個所が沢山で申し訳ないです。
色々教えてくださってありがとうございます。助かります。
個人的にまた調べて書き直しますね。

それから、余計なことで申し訳ないのですが、初めてコメントを書くブログに、あまり攻撃的な言い回しをしない方が良いと思います。
右左、どちらにしろ一生懸命勉強をしているもの同士、多少礼儀と敬意をはらうべきではないかと思います。
多くは専門家のブログではないので、間違いはあると思いますし、私もその一人ですし、霧さんの人生に於いて間違いと鵜呑みがないと言い切れますか?
気の置けない仲ならともかくとして、お互いが全く知らないのですから、最初くらいもう少しマシな言い方をした方が良いと思います。
言い争いになれば、お互いに嫌な思いをしますよね。
議論であればいいのですが、言い争いは不毛だと個人的には思います。


私は霧さんのコメントに私は腹が立ちましたし、どうしてくれようかと思いましたしパソコンぶち投げました。

嘘ですすみません、投げませんでした。


寝るとすぐ忘れるタイプなので、今はそうでもないですけど私にケンカ売らないでくださいね。


それから、この記事しか見てないでしょうけど、以前から私はだいぶ右寄りだと以前から豪語しておりますのでその辺は極右サンと言われてもはいそうですとしか言えませんが、右左って攻撃のネタですかね。
私個人的には、そう思いません。
右左どちらの思想にしろ、学生を卒業した今も尚、自分の思う事を一生懸命勉強しているのは良いことだと思います。

そういうわけで、これからもよろしくお願いします。
色々教えてください。
纏, 2006/02/23 5:46 PM
お返事ありがとうございました。
ひさしぶりにすがすがしく指摘を受容なさる方にであいました。
霧, 2006/02/24 11:07 PM
霧さん>真剣にお返事した割に、お返事がいただけるとは思っていませんでしたので再びコメントいただいて嬉しく思っています。
私は25歳ですが、年とともに(今はまだそうでもないですけど)段々と、注意や指摘をしていただくということが少なくなってきます。
そういったことも踏まえ、人様から頂いた指摘や注意は謙虚に受け止めるよう心がけています。
腹の立つこともありますが、他人は自分の鏡と言いますし、人の悪いところが見えるのは自分に不足があるからだと自負しています。

勉強をしていると、一つのことを調べているだけなのに、そこから枝葉が広がって、結局膨大なことを調べないといけなくなってしまいます。
故に、私の知識など歴史と世界からすれば本当に小さなものだと思います。
霧さんからご指摘いただいて最初は言い回しなどにカチンときましたが、ありがたく思っています。
豆粒ほどの知識ですが、一生のうちに、芽が出るくらいは勉強したいな、と思っています。
これからも色々教えてくださいね。
結構一度聴いたことを突き詰めて調べるような根気のある性格ではないので、ある程度で飽きると放置してしまいます。
かいつまんでしか覚えていなかったり勉強していなかったりすることも多々あります。いけませんね、反省します。多分直りませんけど。('A`)

それから参考資料なんか教えていただけると嬉しいです。

霧さんには師と仰ぐ方がおありでしょうか。
よろしければ教えてください。本などがあれば読んでみたいです。

あと、いつもこんなことを考えているのではなく、大半がくだらないことを考えています。
そういったことにもお付き合いいただけるなら、今後もこのブログをよろしくお願いします。
沢山お話しましょう。
纏, 2006/02/25 1:30 AM
がんばって全部読んだ。
真面目なガチョ師匠に惚れました。

でも3秒して

思い直しました。
いぽ, 2006/03/09 1:35 PM
もうすこし長く考えろよ・・・
纏, 2006/03/09 2:06 PM
    ___
    \●/ ))
(`-ω-´)ノ
 あっぱれ!
いぽ, 2006/03/10 10:14 PM
どんぶりにしか見えん
纏, 2006/03/12 11:56 PM
どんぶりです。
いぽ, 2006/03/13 11:16 PM
どうみてもどんぶりです
本当にありがとうございました。
纏, 2006/03/18 11:28 AM









Trackback
url: http://gasmasking.jugem.cc/trackback/334
皇室典範に関する有識者会議メンバーの素性。
有識者会議のメンバーは、皇室を潰したいと願うサヨク組織? ...
皇統断絶問題TBセンター, 2005/12/19 11:51 AM
皇室典範に関する有識者会議報告書七
《天皇(男性)の配偶者は皇后、天皇(男性)の寡婦は太皇太后、皇太后と称されている。また、親王、王の配偶者には、それぞれ、親王妃、王妃の名称が用いられている。女性天皇、内親王、女王の配偶者等についても、専門的知識を有する有識者等の知見も得て、適切な名称
悪の教典楽天市場店, 2005/12/23 11:11 AM